merumagakoudokutab

ホワイトとブラックハットの現状

サイトアフィリで稼ぐためには、何が必要でしょうか?

言われれば当たり前なのですが、
改めて文字にしたので、確認してみましょう。

 

サイトアフィリで稼ぐための方程式

報酬 = アクセス数 × 成約率 × 単価

 

どこかで目にしたことはあるかもしれません。

 

 

サイトアフィリはキーワード選定が重要ですし、
成約率ももちろん重要ですが、

少し実績が出たあとに、重要になってくるのは、

”アクセス数”

ではないでしょうか。

 

 

商標キーワードに取り組んでいたら
分かりやすいと思いますが、

ある意味、アクセス数さえ集めれば、
一定の割合で売れていきますよね。

 

私がメルマガを休んでいる間に、
サイトアフィリの報酬を一気に引き上げられたのは、
このアクセス数を増やすことに専念したからです。

”アクセス数を増やすこと”

をサイトアフィリでは、

 

1.たくさんの記事を書いて、
ロングテールキーワードでアクセスを集めること
(その結果として、狙ったキーワードでも上位表示)

 

2.狙ったキーワードで、
検索結果の上位に表示させること

 

の2つに大きく分類されます。

私が真剣に実践したのは2.になります。

 

そして人によっては、ブラックハットSEO
と言われるやり方で実践しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ホワイトとブラックハットの現状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ここ数年は、この話題が持ち上げられることがよくあります。

サイトアフィリのSEO戦略にあたる以下2つです。

 

・ホワイトハットSEO
・ブラックハットSEO

 

人によって、定義は違いますが、

ざっくりいうと、

・ホワイトハットSEO ⇒ リンクをあてない
・ブラックハットSEO ⇒ リンクをあてる

となります。

 

私の考えを先にお伝えしておくと、

ブラックハットSEO ≠ リンクをあてる

だと思っています。

 

現にグーグルは、
リンクは検索順位結果に影響を与える重要な要素の1つ
と公言しています。

グーグルのスパム対策チームのリーダーだった
マット・カッツ氏の動画になります。

 

3分くらいの動画ですが、
グーグルがどのような仕組みで、何を重要視しているのか?

が分かりやすくまとまっている、貴重な動画です。

 

⇒ https://youtu.be/BNHR6IQJGZs

※日本語字幕の表示方法:設定(右下の歯車のマーク)>字幕>日本語を選択

 

 

この動画が公開されたのは、だいぶ前になりますが、
本質的な部分は、今も昔も変わっていないと言われてます。

 

・ページ内のキーワード出現率、類義語

・サイトの品質が高いか

・ページランク

・外部からのリンクが存在しているか

 

といった情報を、ユーザーの検索キーワードをもとに、
瞬時に情報収集し、判断した検索結果を、
0.5秒以内にユーザー返すとされています。

 

 

少し話がそれてしまいましたが、
グーグルが被リンクを悪だとは思っていないことが
分かるかと思います。

 

ホワイトハットを否定するつもりは全くないですが、
私の回りの結果を出しているアフィリエイターで、

ホワイトハットのみで大きく成果をあげている人を、
見たことがありません。

 

 

ホワイトハットの根底に、
”ユーザーに役立つコンテンツを提供する”

というのがありますが、
これは今のご時世だと、当たり前のことなんです。

 

ホワイトハットのみで、いい記事を書き続けていれば、
やがてはアクセスも集まり、上位表示してくるかもしれません。

ただ、それは1年経ったあとかもしれませんし、
逆に、1年経っても2年経っても、
成果に結びつかないリスクもあります。

 

 

ライバルが、
ユーザーに役立つコンテンツを提供した上で、
リンクをあてているのであれば、

あなたもリンクをあてなければいけません。

 

我々もビジネスとして、
稼ぐためにアフィリエイトを実践しているんですから、
最適な手段を取るべきだと思うんですよね。

 

ブラックハットSEOに対しても、
人によっては意見が分かれるところがあるので、
今日はこんな話をしてみました。

 

私はこの2年、リンクSEOを真剣に勉強し、
それを学ぶために惜しみなく投資してきました。

高額塾にもいくつか入りましたし、
SEOセミナーだけのために、遠くまでいきました。

 

そこで学んだ知識を、活用してもらえるよう、
今後もメルメガでしっかりお伝えしていきますね!

 

koudokuorei

rankingouen

 

merumagakoudokutab

コメントを残す

あわせて読みたい関連記事