メルマガ登録
名前   
メールアドレス
確認用メールアドレス

メンターを探す時のポイント

このブログは一体何位??

記事をお読みになる前に、応援のクリックを頂けると
とても嬉しいです。
⇒ 人気ブログランキングへ

 

前回の記事で、アフィリエイトを始めたばかりの人には、
メンターが必要であることをお伝えしました。

前回の記事 ⇒正しい方向に向かうために絶対必要なもの

 

◆初心者が最初に取り組むべき手法(順序)

◆正しいやり方

の2つは、絶対に押さえなくてはいけないポイントであり、
どちらか一方が欠けても稼げないです。

そして、アフィリエイトを実践し、横道にそれてしまった時には、
軌道修正してくれるメンターが必要というお話までさせて頂きました。

 

今回は、「メンターを選ぶ際のポイント」について、
私の考えをお伝えします。


1.価値観が合う

2.稼ぎの額が開き過ぎていない

3.弟子の数が少ない

4.可能であれば、会うことができる

 

要望が多くて、すみません(笑)
でも本当に感じてるんで。

 

優先順位は上から下へ下がります。
順に補足していきますね。

1.価値観が合う

価値観といっても色々な要素がありますが、
私が言っているのは、1番ベースにある人間性になります。

いくら稼ぎが凄くても、教えるのが上手くても、
人間性が合わないと、メンターにすることはできないと思います。

例えばですが、

・ブラックな手法の稼ぎ方を教える

・サポートをする前提で話をしておきながら、
売れた後は、ろくにサポートもしない

・自分の利益だけを考えている

 

こんなメンターがいたら、とてもじゃないですが、
ついていく気にはなれないですよね。

「この人の言葉なら、素直に受け入れられる」

 

そんなメンターを見つけるべきです。

その方のメルマガやブログを何回か見てれば、
価値観が合うかどうかは分かると思いますよ。

 

2.稼ぎの額が開き過ぎていない

これは私の実体験です。

月の報酬が1万くらいの時に、
高額な個人コンサルサービスに申し込みました。

 

もちろんこの方、人間的にも素晴らしかったですし、
教えるスキルについても長けており、
また実績も申し分なく色々な手法・ジャンルで結果を出されていました。

しかしこの方、月の報酬が8桁超え(汗)

目標設定の仕方にしても、思考にしても
ぶっ飛んでるんですよね。

 

なんとなく言わんとしていることは分かると思いますが、
月に5桁の人が、8桁の人の思考をインストールしてくれ
って言われても、、、

3桁違うんですよ。。。

さすがにハードル高すぎですよね。

つまり、自分の身の丈(目標金額)にあったメンターを、
その時の状況に応じ、選んだ方が良いと思います。

 

あと、メンターは1人じゃないといけない
って、思ってる人もいるようですが、

「その時のレベルに合わせてメンターは変えるべき」

というのが、私の考えです。

 

また、自分のレベルが上がっていき、
複数のジャンルを実践する時は、

ジャンル毎にメンターを選んでもいいと思います。

 

自分も成長する過程で、考え方だったり、価値観も変わっていくので、
1人のメンターに固執せず、柔軟に選ぶべきかと。

ただ、同じメンターを追い続けるのも、
成長過程を見てもらえてますし、考え方が共有できているので、
それはそれでメリットは大いにあると思いますよ。

当然メンターも人間なので情も入りますし、いい関係が築ければ、
後々、色々とヒイキしてくれたりしますしね。

 

話がそれてしまいましたが、まずは、自分の目標報酬額が
かけ離れ過ぎていないメンターを選ぶべきかと思います。

その点、私は初心者の方にとって
かけ離れ過ぎていないと思いますよ(笑)

 

3.弟子の数が少ない

メンターが多くのクライアントを抱えていた場合は、
あなたに注ぐ力は、当然弱くなりますよね。

弟子の数が100人も200人もいたら、
今さらあなたのことを覚えてはくれないでしょう。

 

稼いでる人によっては、直接サポートではなく、
弟子がサポートしてくれるケースもあります。

その人の教えや思考をなるべく近くで学びたかったのに、
それでは高いお金を払った意味が半減されてしまいますよね。

 

理想は、弟子の数がなるべく少なく、
実績も自分の目標くらいあるメンターがいいです。

逆に初めての弟子や2番弟子であれば、
否応なしにあなたに手をかけてくれるでしょう。

 

4.可能であれば、会うことができる

住んでいるところにより、物理的に会えない場合もありますので、
「可能であれば」としました。

” 100回のメールより1回の電話
   1回の電話より1回会うこと ”

 

人から物事を教わる、または教える時に、
よく例えられる言葉です。

この言葉が示すように、会うことの重要性は高いと思ってます。

 

1回会うことで、顔を覚えてもらえますし、
教える側も顔をイメージしながら話すことができます。

結局は人と人との繋がりですので、メンターも
よく顔が分からない人に説明するより、

知っている人に教える方が、より親身に親切に
対応してくれるはずです。



メンターを選ぶ際の4つのポイントについてお話させて頂きましたが、
結局は、価値感を含め、”人として合うかどうか”、
ここに尽きると思います。

あと、忘れてはいけないのが、どんなに自分に合った
素晴らしいメンターに出会えたとしても、
稼げるかどうかは、結局は自分の努力次第ということです。

メンターが稼がせてくれるわけではありません。

方向性を助言してくれ、間違った方向にそれてしまいそうな時に、
道を正してくれるのがメンターです。

あくまで、サポート役であり相談できる存在だということを忘れないでくださいね。

 

選ぶメンターにより、稼ぐまでの時間に影響が出ることもあります。

この記事がメンターを選ぶ参考になれば嬉しいです。

 
koudokuorei

   rankingouen

 

merumagakoudokutab

あわせて読みたい関連記事

2件のコメント

  • はじめまして、kameといいます。
    弟子の数は多いですが、他の条件には合致する今のメンターに出会えたことを、
    この記事を読んで確信できました。また、訪問させていただきます。
    応援ポチッしていきます。

    • takabori

      kameさん

      コメント&応援を頂き、ありがとうございます!

      ご自分が納得できるメンターを見つけられたのであれば、
      それが一番ですね(^^
      またよろしくお願いします。

コメントを残す