メルマガ登録
名前   
メールアドレス
確認用メールアドレス

無料ブログの立ち上げ

このブログは一体何位??

記事をお読みになる前に、応援のクリックを頂けると
とても嬉しいです。
⇒ 人気ブログランキングへ

 

前回は、月10万を稼ぐのに必要なライティングスキルと
記事の下書きというテーマでお話しました。

前の記事⇒ 10万を稼ぐためのライティングスキルと記事の下書き

 

今回は無料ブログの立ち上げ、
についてお話しします。

まず最初に、なぜアフィリエイトを始めたばかりの方が、
無料ブログを使ったサイトアフィリがいいかについては、

前に書いた記事(無料ブログを使ったサイトアフィリを勧める5つの理由)に
書いているのでご確認くださいね。

 

無料ブログを立ち上げるにあたり、まず最初に決めなくてはいけないのは、
どのブログサービスを使うの?

ってことだと思います。

 

無料ブログといっても、たくさん種類があるので迷ってしまいますが、
まず大前提として、アフィリエイトができる無料ブログになります。

例えばですが、アメブロは昔はアフィリエイトできましたが、
今は禁止になっています。

またライブドアは、昔はアフィリエイト可能で禁止になり、
そして2015年5月から、再度アフィリエイト可能になりました。

 

楽天ブログやYahooブログなどは、自社広告のみ
アフィリエイト可能だったりします。

どのブログサービスを使っても問題ないですが、
規約を確認しアフィリエイト可能であることを事前に確認してくださいね。

 

無料ブログを作ったことがなくて、
全くこだわりがないのであれば、以下3つのブログサービスを
オススメします。


・シーサーブログ

・忍者ブログ

・ソネット

どれも長い運用実績があり、
ブログサービスがいきなり終了したり、
削除されるリスクが少ないブログだと思いますよ。

 

「上位表示し易い、オススメのブログサービスはありますか?」

という質問を、たまに頂くことがありますが、
私の意見としては、

「常に上位表示し易い無料ブログは存在しない」

と考えています。

 

ブログサービスは同じドメインで、
多くの人が利用していますよね。

例えば、悪質なアフィリエイターが、
あるブログサービスで大量にゴミブログを量産したり、スパム行為を行えば、

そのブログサービスはgoogleから目を付けられ、
連帯責任として順位が落ちる可能性があります。

そして、最悪はブログサービス運営側もアフィリエイトを禁止にしたり、
規約が厳しくなったりします。

 

強いて言えば、その時、その時で、比較的強く感じる

”旬なブログサービス”

というのは存在すると思います。

startup

調べ方は簡単で、

同じキーワードでリライト記事を用意して、
比較したいブログサービスに同時投稿し、
何位にいるかの統計を取れば、傾向が見えてくると思います。

ただ、それを調べるだけに労力を使うのは時間の無駄です。

 

使用するブログの数を増やしていき、作る数をこなしていくと、

「このブログサービスは上位表示され易いな」

「最近、このブログサービスが強いから、これを使おう」

など感覚的に自然と分かってきます。

旬なブログの変更タイミングも掴めてきますので、
自分なりに使うブログを選択していけばいいと思いますよ。

 

で全くの初心者が使うなら、先ほどお伝えした
アフィリエイターに寛大な、

・シーサーブログ

・忍者ブログ

・ソネット

を推奨します。

無料ブログの作り方が分からなければ、
検索しても沢山出てきますし、
メルぞうなどの無料レポートでもありますよ。

1つのブログサービスを作ることができれば、
設定の仕方は違えど、同じような感覚で作れますので、
ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

次は、なぜ作成した記事を数日に分けて投稿するのか、
というテーマでお話させて頂きますね。

次の記事⇒ なぜ作成した記事を数日に分けて投稿するのか

 
koudokuorei

   rankingouen

 

merumagakoudokutab

あわせて読みたい関連記事

2件のコメント

  • こんにちは!記事拝見しました。

    私はseesaaとlivedoorをよく使っていました。
    ブログサービスにも旬があるんですね!
    それほど多くのサービスを使ったことはありませんが、少しずつつかんでいきたいと思います。
    情報ありがとうございました!
    応援していきます

    • takabori

      しまさん

      コメント&応援頂きありがとうございます!
      複数使っているうちに、お気に入りがでてきてしまいますが、
      なるべく分散を心掛けています。
      livedoorはまたアフィリできるようになって良かったです(^^

コメントを残す