merumagakoudokutab

カテゴリーの設定|これをやってはNG

このブログは一体何位??

記事をお読みになる前に、応援のクリックを頂けると
とても嬉しいです。
⇒ 人気ブログランキングへ

 

前回は、ブログタイトルを変更するリスクについて、
お話をさせて頂きました。

前の記事⇒ ブログタイトルの変更はリスク大

 

ブログアフィリエイトサイトを作る一連の作業を、
順番に説明しています。

全体像についてはこちらをご確認くださいね。

これから、「3.カテゴリーの設定と記事の下書き」
に入っていきますね。

 

実は、そのブログにおけるキーワードの設定が決まってしまえば、
カテゴリーの設定は、そこまで深く考えることはありません。


category
 

■カテゴリーはキーワードを散りばめる

例えば、1ブログの記事数が5~10記事だとすると、
カテゴリの数は3~5個くらいかと思います。

例えば、キーワードが「スカルプD」だとすると、
全てのカテゴリーに「スカルプD」を入れるのではなく、
そのうちのいくつかに、キーワードを入れます。

カテゴリーが4個あったとしたら、こんな感じです。

(例)
カテゴリー1:スカルプDの口コミ情報カテゴリー2:こんな効果が期待できる

カテゴリー3:使い方について

カテゴリー4:スカルプDを通販で買えばお得

これを1~4まで全てに「スカルプD」を入れると、
検索エンジンからの ”不自然” と見なされ、
ペナルティを受け、圏外に飛ばされる可能性があります。

極端ですが例えば、こんな感じです。

カテゴリー1:スカルプDの口コミ情報

カテゴリー2:スカルプDの効果に期待できる事

カテゴリー3:スカルプDの使い方について

カテゴリー4:スカルプDを通販で買えばお得

 

人が見た時のことを考えれば分かりますが、
全てのカテゴリーに”スカルプD”が入っていたら不自然ですよね。

アフィリエイター目線だと、色々なキーワードでヒットさせたいのか、
こんなサイトも見かけます。

 

「カテゴリーや記事タイトルになるべく多くのキーワードを
入れた方が強いブログができる」

という時代もあったのですが、
現在の優秀な検索エンジンに対しては逆効果です。

適度に散りばめる感じがいいです。

 

ルールを決めるのではなく、カテゴリーの30~60%くらいに、
キーワードをいれる。

こんなアバウトな感じがいいです。

 

次は、月10万を稼ぐためのライティングスキルと記事の下書き
というテーマでお話させて頂きます。

次の記事⇒ 月10万を稼ぐためのライティングスキルと記事の下書き

 

koudokuorei

rankingouen

 

merumagakoudokutab

2 Responses to “カテゴリーの設定|これをやってはNG”

  1. タカボリさん

    はじめまして^^ ニコラスです!

    検索エンジンも頭が良くなってきていて
    とにかく不自然な感じは御法度ですよね。

    わたしもブラッキーなことは一切やっておりません^^


    タカボリさんのブログコンセプトの
    スキマ時間で月10万円稼ぐって
    とっても共感してしまいました^^

    何よりも現実的な数字ですし、多くの方に
    支持されるコンセプトだと思います^^


    応援ポチ完了です^^

    • ニコラスさん

      こんにちは、タカボリです。
      コメント&応援を頂きましてありがとうございます!

      そうですね、健全に運営していくことが、
      ユーザー、検索エンジン、そして自分にも有益な結果をもたらしてくれますよね。

      コンセプトの共感頂き、ありがとうございます!
      10万稼ぐのも簡単ではないですけどね。

      でも、努力次第で何とかなる数字ですし、リアリティもあります。

      今後とも、よろしくお願いします(^^

コメントを残す

あわせて読みたい関連記事